コンビニに生理痛の痛み止めの薬は販売してる?

生理痛がひどくてなんとかしたい、という場合はありますよね。

痛み止めの薬があればいいのですが、こんな時に限って薬がない。
しかも、時間的に薬局はやってない・・・。

こんな場合に便利なのがコンビニですが、
コンビニで生理痛の薬は購入できるのでしょうか?

スポンサードリンク

コンビニで生理痛や痛み止めの薬(鎮痛剤)は購入できる?

 

 

 

 

 

最近では、コンビニでも薬が販売されるようになりました。
では、痛み止めの薬は売っているのでしょうか。

結論から言うと、売っているコンビニもあります。
ただ、売っている店舗は少ないのが現状です。

通常のコンビニでは、第3類医薬品という、ビタミン剤や整腸剤といった効果が少ないような薬のみの販売となっています。

ただ、コンビニの中には登録販売者という制度があり、登録販売者がいるコンビニがあります。
こういったコンビニでは、第2類医薬品まで販売できます。

痛み止めというとロキソニンが有名ですが、ロキソニンは残念ながら第1類医薬品なので、
薬剤師さんがいないと販売できません。

ただ、効果は少し下がりますが、第2類医薬品にも痛み止めはあります。
バファリンやリングルアイビー、イブクイックなどは第2類医薬品です。



この「登録販売者」がいるコンビニがどこにあるか、ということですが、
ローソンやファミリーマートでは、公式サイトの店舗検索で「薬」という項目で検索すると調べることができます。

ただ、まだまだ数が少ないのが現状です。

中には薬局とコンビニが併設されているところもあります。
こういったコンビニでは、第1類医薬品も販売されています。

ただ、当然ですが店舗数はかなり少ないです。

まずは、家の近所にある登録販売者がいるコンビニを見つけておくといいでしょう。

ただ、もし近くにドラッグストアなどがあっても、薬剤師がいない時間帯だと第1類医薬品は購入できません。
特に遅い時間帯はほぼ無理だと思っておくといいでしょう。

スポンサードリンク

生理痛(痛み止め)の薬がコンビニで購入できない場合の対処法について

痛みがひどいけど、家には痛み止めの薬がない。
しかも近所には薬が売っているコンビニもない。

こんな場合のために、自分でできる痛みの対処法を紹介します。
気休めレベルのものもありますが、少しでも痛みが緩和されるかもしれないので、
できそうなものをやってみてください。

腰を温める

生理痛の痛みは、腰を温めると楽になることがあります。
仙骨の上(お尻の割れ目の上)には、痛みを和らげるツボがあるので、
そこにカイロや湯たんぽを当てるといいようです。

また、おへその下辺りを温めるのも効果があると言われています。

温かい飲み物を飲む

温かい飲み物を飲むと、血行がよくなるので体が温まり、結果として生理痛が和らぐことがあります。
ハーブティなどの場合は、リラックス効果も期待できるのでおすすめです。

入浴する

入浴などで体を温めると、血行がよくなるので、生理痛が和らぐことがあります。
生理中で湯船につかりたくないような時は、足湯で足先を温めるだけでもいいです。

生理痛の時に重要なのは、体を冷やさないことです。
また、体を締め付けたりする服装は、血行が悪くなり体を冷やしてしまうので避けましょう。

ストレッチをする

日頃からストレッチなどで体を動かしているといいとされています。
ストレッチは生理痛が軽くなるだけでなく、気分転換にもなるのでおすすめです。

【関連記事】
コンビニでロキソニンやイブのような頭痛薬はほとんど売っていない!代用品を紹介!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました